FC2ブログ

砂糖を焦がせば薫る日々

サイト更新と読み物を少々

09月« 2018年10月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»11月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エイプリルフール・小ネタ

 今日はエイプリルフールらしい。
 ウソをついてもいい日らしい。
 ならば隣に住んでいる幼馴染みにちょっとウソをついてみるか。
「好きだ」
 相手の家を訪ねて、告白をしてみた。
 まわりくどいのは苦手なのでストレートにぶつける。
 すると幼馴染みはぎょっとして、食い入るように見つめてきた。
 場所は幼馴染みの部屋。お互いの距離は、座卓を挟んでいるものの2メートルもない。
 眼鏡の奥に覗ける目は、俺の体を縛り付けるように鋭い。
 大きめの黒い瞳に、少し気圧される。
 ううむ、さすがに芸がなかったか?
 動揺を隠しながら真剣な(作り)顔で見つめ返すと、幼馴染みはなぜか顔を伏せた。
 あれ。いつもなら冷たい目で「何馬鹿なこと言ってるの」と無残に切って捨てるところなのに。
 この反応は予想外だ。
 幼馴染みはうつむきながら、あ、とか、う、とか意味をなさない声を洩らす。
 そして不意に顔を上げると、俺の作り顔よりもはるかに真剣な表情になって、こちらをきっと見据えた。
 な、なんだ。ちょっと怖いぞ。
 殴られるんじゃないだろうかと内心びくついていると、彼女が口を開いた。
「わ、私も好き……」
 真っ赤な顔で。でも真面目な顔で。
 真正面から、真っ直ぐな言葉を受けて、頭が真っ白になった。
 え、あ、う、
 その、ええと。
「……それ、本当?」
 動揺のあまり、間抜けな問いかけをしてしまった。
 幼馴染みは少し目つきを強めた。
「ウソだと思ってるの?」
「いや、そういうわけじゃないけど」
 あれ、なんで俺が慌てているんだ?
 たじろいでいる場合ではない。きちんと答えなければ。
「あのさ、つまり俺たち……」
「うん……両想いだね」
「……」
「……」
「……付き合ってくれ」
「……うん」
 幼馴染みはおもむろに立ち上がると、俺の隣に移動してちょこんと腰を下ろした。
 ストレートの黒髪がふわりと浮いた。
 肩が触れ合う。
 うわ、なんかいい匂いする。しかも温かい。
 俺は幼馴染みの肩を抱き寄せると、その髪に顔をうずめた。
 くすぐったそうに、彼女が身じろぐ。
 唇を彼女のそれに寄せると、温かい吐息が端をかすめた。
 愛しさが胸を締め付けて苦しい。
 その痛みを癒してもらうかのように、俺は恋人と優しいキスを交わした。



 ん? お前の告白はウソじゃなかったのかって?
 何言ってるんだ。今日はエイプリルフールだろ?
 そういう風に騙されてくれると、ウソをつく甲斐があるってものだ。



      ※   ※   ※



エイプリルフールネタです。
もうあとちょっとしかないけど。
とりあえず自サイト開設記念の意味もこめて。

うん……これだけしつこく言うのは、きっと浮かれてるからですよね。
自重します。でも自粛はしない。自粛で人は救えないと思うから。



かおるさとーでした。

↓クリックしていただけると喜びます。
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

*** COMMENT ***

うわ」~、初の男の子バージョン!

いえ、fateが拝読させていただいたのが‘初’です。
これはこれで、ちょっとドキドキして面白かった!

なんか、「…」の辺りに良い感じで戸惑いとか恥じらいとか、こう、醍醐味が現われておりました(^^)
おお! 男の子もこれくらいだと可愛いわ~
っていうか、やはり告白する方がとても良い感じに描かれるのがかおるさとーさんですね!


こんにちは、fateさん

コメントありがとうございます。
このブログでは長編ではなく、主に小ネタを中心にアップしていますが、気軽に読んでいただいて、それで「あ、いいな」と感じていただけたら、もう満足です。
このエイプリルネタも同じですね。基本的には温かい、明るい、やさしい話を書いています。
男の子は無個性な風に書いてしまいがちですけど、書いているときはそんなこと全然考えてなくて、ただただ自分の好きなタイプを書いているつもりなのですけどね……うーん、難しいです(汗)

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。