FC2ブログ

砂糖を焦がせば薫る日々

サイト更新と読み物を少々

09月« 2018年10月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»11月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

以前投下した短編(18禁注意)

※注意! この記事は18禁です。性的な内容・表現を多分に含みます。





『彼女の至福』





「泊まり?」
 学校からの帰り道、一緒にいた彼女の言葉にぼく、日沖耕介は思わず訊き返した。
 青川文花はこくりと頷くと、こちらの様子を窺うようにどう?という目を向けてきた。
 上目遣いに見つめられてぼくはどきりとする。
 青川が言うには今週末、両親が泊まりがけで祖父の家に行くらしい。
 青川も一緒に行く予定だったらしいけど、土曜の夜にテレビで格闘技中継があるために断念したのだそうだ。祖父の家は山奥で、テレビの映りが悪いという。
 ぼくは青川の小柄な体を見やる。
 百五十センチくらいしかない背丈にセミロングの艶やかな髪。
 そのかわいらしい容姿にはまるで似合わないけど、青川は格闘技マニアだ。
 それもそこらのミーハーなファンとは一線を画す程重度のマニアで、自身も柔術をやっている。彼女の部屋には、地上波ではまず流れないくらいマイナーな大会のDVDが、棚に並んでいるのだ。
 そんな彼女だから、テレビの格闘技中継を優先するのは当然といえた。
 録画すればいいのではと思わないでもないけど、そんな意見は通用しない。結果を遅れて知ることに耐えられないと青川の目が言う。
 で、せっかく親が出掛けるのだから、うちに来ないかというのが青川の提案だった。
 青川の家にお泊まり。それも、二人っきりで。
 反対するわけがない。
 ぼくは喜んで青川に頷いてみせた。
 青川もほっとしたのか安心したように微笑み、頷いた。



      ◇   ◇   ◇



 そして土曜日。
 ぼくが青川の家に着いたのは夕方も近い時間だった。泊まりに行くならせめてその前に手伝えと、ずっと家の掃除をさせられていたのだ。
 煉瓦色の大きな家に着いて、すぐに呼び鈴を鳴らすと、青川はすぐに出迎えてくれた。
「ごめん、遅くなって」
 青川は軽く首を振ると、急かすように中へと招いた。
 そっけない態度に怒ってるのかと一瞬思ったけど、そうではないらしい。なんだか急いでいる感じだ。訝しく思いながらも靴を脱いで中に上がる。
 玄関からすぐ左。ドアを開けると灰色の絨毯に三つのソファーが鎮座するリビングが現れる。壁際のプラズマテレビがCMを流している。
 青川は手早くお茶とお茶受けを出すと、ぼくの方には見向きもせずにリモコンで操作を始めた。録画の準備をしているのだろうか。確か格闘技中継は夜九時からだったと思うけど。
 と思っていたらいきなりテレビの画面が切り換わった。
 アリーナだ。今日のイベントの会場だけど、今はまだ夕方の四時。放送までまだ五時間あるはずなのにどうしてテレビに、
 ……いや、リアルタイム放送はありうる。
「衛星専門か」
 地上波放送は夜九時からだけど、PPVの衛星専門チャンネルならリアルタイムで大会が観られる。
 なるほど、と納得した。さっき急いでいたのはこれに間に合いたかったのか。
 衛星専門チャンネルでリアルタイム、しかもプラズマテレビの大画面で観る。これってなかなかに贅沢なことだと思う。
 青川……君はどれだけ格闘技好きなんだ。さすがにちょっと呆れますよ。
 ぼくは思わず肩をすくめたけど、青川は意に介さない。ソファーに座ってじっと画面を見つめている。まだオープニングセレモニーで試合始まってないんだから、もう少し肩の力を抜こうよ。
 とはいえ、ぼくも格闘技ファンの端くれ。一瞬たりとも見逃したくないという青川の気持ちはよくわかる。リアルタイムで観られるなら尚更。ぼくは苦笑しながら青川の隣に腰掛けた。
 青川は何も言わなかった。無言のまま画面を注視している。
 ただ、そっと左手をぼくの右手に重ねてきた。
 柔らかく温かい、小さな手。
 ぼくは嬉しくなって、甲に乗せられた青川の手を握り直した。恋人握りのように指同士を絡めると、無表情だった青川の顔に僅かに赤みが差した。
 それからぼくらは何も言わず、ただテレビ画面を見つめていた。



      ◇   ◇   ◇



 五時間後。
 全十二試合の熱戦が終わり、ぼくらはようやく一息ついた。
 途中の休憩時間に雉撃ちと花摘みを済ませた以外は、ソファーから一歩も動かなかった。お茶受けの煎餅がまるで減っていない。
 イベントは大当たりだった。第一試合から好勝負の連続で、メインの試合など判定決着ながら手に汗握る名勝負で、終わった瞬間には深い溜め息が洩れる程だった。
 さすがに五時間ぶっ続けで観ると疲れる。ぼくはんんー、と伸びをして体をほぐした。
 青川が地上波放送に切り換えている。あ、そっちも観るんですか。さすがです。
 が、さすがの青川も今度はしっかりかっちり固まって視聴、ということはしなかった。台所からお皿を運んでくる。食事をしながら適当に流し見るつもりのようだ。手伝いを申し出ると小さく首を振って断られた。
 仕方なく座って待っていると、すぐに青川が料理を持ってきた。あらかじめ作っていたらしい。カレーにグリーンサラダだ。カレーに盛った福神漬けが嬉しい。
 烏龍茶をグラスに注ぎ直し、ぼくらは少し遅い夕食をとり始めた。
 カレーはシーフードでやや甘口。でもエビやイカの味がしっかり効いている。辛すぎると魚介類の味が負けてしまうかもしれないから、これくらいが丁度いいのかな。
「おいしい。これ作ったの?」
 尋ねると青川は小さく頷いた。
「へえ、料理得意なんだ」
「……初めて」
「へ?」
 青川の言葉にぼくは目を丸くした。
「ひとりで作ったのは、初めて」
「……じゃあ普段は料理しないの?」
 再び頷く。
「ひょっとして、ぼくのため?」
 青川は顔を伏せて呟いた。
「耕介くんに、作りたかったの」
 ぼくのために。
 嬉しくないわけがない。普段料理をしないという彼女が、わざわざ泊まりに来る彼氏のために腕をふるったというのだから。しかもうまい。
「ありがとう、青川。とってもおいしいよ」
 ぼくは感謝の念を込めて礼を言った。
 しかし彼女はその言葉を聞くや眉をひそめた。
 じっとこちらを見つめてくる。というかはっきり睨んでいる。
 ぼくは慌てた。あ、あれ、何かまずいこと言ったかな?
「あ、青川?」
 青川の目がさらに険を増した。
 な、なんでだ。ただ名前を呼んだだけなのに、なぜそんな冷たい視線を向けてくるんだ。仮にも恋人にそんな目を向けるなんて、ぼくには君の名前を呼ぶ権利さえ、
 名前。
「……」
 それが原因なのでしょうか。
「えっと……文花?」
 改めて下の名前で呼ぶと、文花はようやく気付いたかとばかりに重々しく頷いた。
 ぼくはしばらく前まで青川を苗字で呼んでいた。
 ところがある時、ふとした際に下の名前で呼んでやったら、彼女はこれをいたく気に入り、以来二人っきりの時は名前呼びを義務付けてくるようになった。
 もちろん異論はない。しかしあの時はなんというか雰囲気で呼べたわけで、普段から慣れている苗字の方が呼びやすいのも確かなわけで。
 まあでもとりあえず謝ろう。
「ごめん文花。まだ慣れてないみたいだ」
 青川は軽く溜め息をつくと、小さな声で言った。
「ゆるさない」
 すねたように呟く青川。
 困った。さて、どうすれば機嫌を直してくれるだろう。
「どうすれば許してくれる?」
 青川は言った。
「……いっぱい気持ちよくしてくれたら、いいよ」
 耳元で囁くように。
 その言葉に正直くらりときた。頭が酔いそうなくらい揺れる。
「……えー、……つまりその、」
「罰、なんだから」
 楽しそうな声で言う。
 からかいの意味もあるのだろうけど、青川はえっちなことに積極的だ。
 だからよく主導権を握られてしまうのだけれど、やっぱり男としては巧くリードしたい。
「精一杯ご奉仕させていただきます、お姫様」
 ぼくはにやりと笑みを見せる。
 青川はぼくの芝居がかった台詞に目を見開いた。いや、似合わないのはわかってるんだけどね。
 青川は面白そうに微笑んだ。
「楽しみ」



      ◇   ◇   ◇



 食事を済ませるとぼくらはお風呂に入った。
 まずは体を洗ってほしいとお姫様が言うので、ぼくは素直に従う。というかむしろ洗わせて。
 小さな体に似合わず、青川は出るところは出てる。巨乳とまでは行かなくても形の整った美乳はとても揉み心地がいい。お尻の柔らかな感触はいつまでも撫でていたいくらいで病み付きになる。
 そうした感触を楽しもうと念入りに泡立てたスポンジを這わせると、青川はくすぐったそうに身をよじった。
 もちろんきちんと洗ってやる。いろいろ弄りたいところはあるけど、まずはちゃんと綺麗にしてやりたい。ご奉仕するのだから。
 青川は体の力を抜いてだいぶリラックスしていた。いやらしい意味じゃなく気持ちよくなっているのだろう。
「気持ちいい? 青川」
 言ってからはっと気付く。苗字呼び。
 青川の手がぼくの股間を握り込んだ。
「ちょっ」
 一瞬力を込められてぞくりとする。快感じゃなく不安感で。
「ごめん文花」
「……」
 途端に優しくマッサージされる。青川の小さな手に逸物をしごかれて、ぼくは快感に呼気を洩らした。
 性欲が高まっていく。ぼくは青川の背後に回り込んで、その小さな体をぎゅっと抱き締めた。
「文花……」
 青川──文花が体を微かに震わせた。
 もうご奉仕とか考えてられない。
 首筋に舌を這わせながら両胸をほぐすように揉み込む。泡まみれの胸が指先に従うように形を変える様はひどくいやらしい。
(柔らかいなあ……)
 何度触ってもこの柔らかさは飽きない。もう一日中揉みまくりたい。
「んん……んぅ」
 苦しげに息を溢す文花。悩ましげな声はこちらの興奮をいっそう煽る。
 乳首を指で丁寧にこねる。柔らかさの中で唯一こりこりと固い部分は、あっという間に勃起してしまう。
 ぼくはシャワーを手に取り、文花の体に付いた泡を洗い流した。間を置かずに左の乳首に吸い付く。
「あぁ、あんっ」
 ちゅううっ、と乱暴に吸い上げる。ミルクが出ないのは仕方ないけど、唾液の立てる音は十分それっぽい。
 今度は舌先で舐め回す。傷口を癒すように念入りに唾液を塗り込んでいくと、充血した乳首が透明な液で艶やかに光った。
 ぼくはしばらくおっぱいを吸うのに没頭した。
「こーすけ、くん……だめ、だめぇ……」
 荒い息を吐きながら文花は悶える。
「ん、気持ちいいでしょ?」
「……んっ、いい……きもちいい……」
「下も弄ってあげるね」
 乳首を吸いながら右手を文花の下腹部に伸ばす。
 ずっと胸ばかり弄って下には触っていなかったけど、そこはもうすっかり濡れきっていた。今すぐ挿入してもすんなり男を受け入れてしまうだろう。
 欲望に従うならさっさと勃起したペニスをあてがって打ち込みたいところだけど、そんな乱暴な真似をしても早撃ちするだけでもったいない。もっとたっぷり文花を味わいたい。
 ぼくは中指でかき出すように内襞を擦った。びくん、と文花が体を強張らせる。
 くちゅ、じゅぷ、と浴室に卑猥な音が響く。
「やらしい音だね」
「……」
「文花のおまんこぐちょぐちょだよ。おもらししてるみたい」
「……」
 文花は応えない。
 はあはあと荒い息を吐くのが精一杯で、ぼくの言葉もろくに聞いていないのかもしれない。
 指をあっさりくわえ込みながらも秘部の締め付けは強烈で、かき回す度にぎゅうぎゅうと圧が指にかかる。
 親指でクリトリスを撫で擦ると文花が体をくの字に曲げた。
「だめ……もう」
 潤んだ目で懇願するように見つめられて、ぼくは息を呑んだ。
 駄目だ。そんな目で訴えられたら我慢が利かない。
 挿れたい。中に入りたい。
 先程までの余裕なんて一瞬で吹き飛び、ぼくは文花を正面から強く抱き締めた。
 唇をむさぼるように重ねる。舌を絡め、唾液を交換し合い、息がかすれる程長い長いキスを交わした。



 浴槽の縁に手をつかせて、お尻を突き出させる。
 女陰から垂れる愛液がひどく淫靡に映る。何度も見ているはずなのに、何度見ても興奮する。
 ぼくは文花の腰をがっちり掴むと、すっかり硬くなったペニスを一息に突き入れた。
「あああっ!」
 学校では普段まったくの平静を保って表情一つ変えることのない文花が、繋がった瞬間に嬌声を上げた。
 愛液のおかげでスムーズに入れたものの、直後万力のような締め付けが襲ってきた。
 下半身から脳天に快感が電流のように走る。
 思わず射精しそうになって、慌てて下腹部に力を込めてこらえた。
 文花も耐えるように身を強張らせている。
 リラックスさせたいところだけど、ちょっと余裕がない。ぼくはとりあえず動く方に専念することにした。
「ふああ!」
 ずん、と力強く一突きすると、文花が鳴いた。
 内襞がペニスのエラに引っ掛かって、たまらない快感が波のように襲ってくる。奥に突き入れれば狭い膣穴が進入を拒むように締め付けを増し、腰を引くと今度は離すまいと襞々がぴったり絡んでくる。
 とろけそうな快楽に頭が染めあげられていく。ぼくは文花の背中に覆い被さると、美乳を鷲掴みにしながら体を密着させて、小刻みに何度も何度も肉棒を突き入れた。
「あ、あ、あんっ、あっ、んんうっ、あっあっあっ、だめ、たって、られな……あうっ」
 子宮に響くように奥までガンガンに突きまくった。ふっくらと柔らかい胸を両手で手加減なく揉みしだきながら、背中から首筋にかけてキスの雨を降らせる。ボディソープの優しい香りが文花の体を包んでいて、こちらの情欲をさらに引き立てた。
 逸物はますます硬度を高め、互いの液でぐちゃぐちゃになった膣内を果てしなく蹂躙した。
 ずっとこうやって繋がっていたい。もう一生これだけやっていたい。
 こんなに気持ちのいいこと、終わってほしくない。
 しかし終わりはくる。そしてその終わりの瞬間が一番気持ちよくて、ぼくはそこを目指して高まっていく。
 文花も自ら腰を振って快楽をむさぼっていた。
「文花、もういくよ」
「わ、わたしも、ああっ、もういっちゃう、いく、いくの」
「精液出すよ、奥にいっぱい、文花の子宮にたくさん出すよ!」
「うん、だして、だしてえ、いっぱいかけてえ」
 いつもの文花ならありえないくらいの言葉の数。たがが外れたように淫らな言葉を吐き出して、文花は乱れに乱れる。
 体の奥から快感が迫り上がってきて、陰嚢が飛び出そうな程ペニスの奥が痺れる。
 腰の動きがまるで衰えないまま、ぼくらは互いを高め合い、そして、
「うう!!」
 文花の一番奥でぼくの性欲が弾けた。
「ひあっ、ああ、あああああっっ!!」
 同時に文花も甲高い嬌声を上げて絶頂を迎えた。
 溜めに溜めた精液が精巣から次々と外に飛び出していき、文花の膣内をどろどろに満たしていく。
 びくびくと痙攣するように震える文花の体を抱えながら、ぼくはどすんとタイルの上に腰を落とす。
「きゃっ、んっ!」
 ぼくに抱えられて依然繋がったままの文花は、後ろに倒れ込むように座った衝撃でまたちょっと感じたようだ。不意の衝撃に振り向いてぼくを睨む。
「いや、腰が抜けてさ」
 そう弁解しながら入れっぱなしのペニスをぐりぐり動かすと、文花は弱い声を洩らした。
「や、うごかないで」
「ちゃんと最後まで出したいんだ」
「も、もう……」
 戸惑う文花の体を抱き締めながら、ぼくは最後の一滴まで絞り出す。
 すべてを出し切ると強烈な虚脱感に襲われた。とは言えそれはなかなかに心地好い感覚で、ぼくはしばらくそれに浸った。
 文花が振り向いて、もの欲しげにぼくを見る。
 ぼくはにっこり微笑むと、文花の期待に応える。
 体を正対して抱き直すと、ぼくは文花と口付けを交わした。
 浅いタッチのそれは、しかし互いの想いを伝え合うには十分だった。



      ◇   ◇   ◇



 お風呂から上がり、ぼくらは文花の部屋でまったりと過ごした。
 ベッドに並んで横になりながら、何を話すわけでもなく軽いスキンシップを繰り返す。髪を撫でたり、頬を触ったり、キスをしたり。
 文花はまったく口を開かず、でもとても楽しそうに微笑んでいる。
 幸せそうな笑顔にぼくもつられてはにかんだ。
 文花が体を寄せてくっついてきた。小さな頭をぼくの胸に押し当てると、一言だけ呟いた。
「大好き」
 真っ直ぐ放たれた言葉にぼくの心臓が大きく跳ねた。
 ぼくにだけ向けられる、彼女の想い。
 ぼくだけの彼女。
 嬉しさで胸がいっぱいになる。
「…………」
 と、嬉しさだけで済めばいいのだけれど、
 あいにくこっちは欲望に忠実な高校生なわけで、
「文花」
 ぼくは文花にのしかかると、有無を言わせず唇を奪った。
 驚いた目を向けてくるが無視。強引に舌をねじ込み、相手の口内をねっとりとなぶる。
 たっぷり十秒は味わって唇を離すと、細い透明な糸が繋がっていて、すぐに重さに耐えかねて滴り落ちていく。
 文花が小首を傾げて言った。
「火、つけちゃった?」
 ぼくは首を振る。文花、それは違うよ。
「文花を好きになった時から、火はもうずっとつきっぱなし」
「っ」
 文花は赤くなった顔を逸らした。
 ぼくはそんな文花のパジャマを脱がしにかかる。
 文花もぼくの服に手をかけて、お互いに脱がし合う。
 中途半端に脱がしたところで我慢できなくなって、漲った性器を腰に押し当てると、文花は呆れたように肩をすくめた。



 それから明け方近くまでひたすら快楽を求め合った。
 最初は正常位で一回。それからバックと側位で達した後、シックスナインで互いをイカせ合って、対面座位でさらに二度の回数を重ねた。
 そのあと疲労と快感に包まれながら昼過ぎまで眠りこけていたのだけど──
「もうこのまま文花を軟禁していたいな」
「……ふぇ?」
 昨日から数えて都合七回目のセックスに耽りながら、ぽつりと呟く。
 起きたらなんとなくまた熱が高まって押し倒してしまったわけだけど……客観的に見てさすがにやり過ぎだよね。
 文花はとろんとした目でぼんやりぼくを見つめてくる。
「軟禁して、朝から晩までずっと文花とえっちなことをして過ごしたい」
「……」
 いや本当に一生これだけヤっていたいくらいです。
 文花はくすりと笑った。
「ケダモノ」
 さらりと毒を吐かれた。今の状況では何も言い返せないので、ぼくは軽く落ち込む。
「でも」文花が続けて言った。「それもいいかも」
 この子はどうしていつもこちらが喜ぶことばかり言うのか。
 文花は息を弾ませながら嬉しげに言った。
「耕介くんと一緒なら、私はずっと幸せだから」
 それはぼくも同じだ。
 文花を抱きながら、ぼくは幸せを噛み締めた。



 そのあと文花の両親が帰ってくる前に、急いで身支度を整えて家を飛び出したために、ほとんどゆっくりした時間を過ごせなかったのは自業自得だったけど。



      ※   ※   ※



無口スレに以前投下した短編です。
『彼女シリーズ』と呼んでいるお話の三作目に当たりますが、保管庫に入っていない話なので、こちらに載せました。

私は普段文章の中で、直接的な淫語をあまり使わないんですけど、この話ではあえて使ってみました。
どちらかというと男性向けだと思います。女性の方が読んでも大丈夫だとは思いますが。いちゃらぶえっち話なのはいつもと変わらないです。
ひそかにお風呂場でいちゃいちゃする話が好きです。お風呂が好きです。



かおるさとーでした。



↓クリックしてくださると嬉しいです。
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

*** COMMENT ***

NO TITLE

 はじめまして、作品を追ってここまでたどりつきました。
入院されていたそうですが、回復に向かっているとのことでほっとしています。
お身体には気をつけてください。

あなたの作品をまた読めることを嬉しく思います。
「~たくて」、「In vino veritas.」の続編も楽しみにしています。
あと私は、『縁シリーズ』が好きなので『矛盾邂逅』のほうも
できればよろしくお願いします。
応援しています。
乱文、失礼しました。

こんばんは!

はじめまして、ten様。
コメントありがとうございます!

こんな辺境のブログにわざわざ足を運んでいただき、恐縮の思いです。
温かいお言葉ありがとうございます! 体調は特に問題ないところまで戻りましたので、今後はバリバリ書いていけたら、と思います。

「~たくて」「In vino veritas.」はそれぞれ残り一話を残すのみなので、近日中にお届けしたいです。遅くとも来月には二つとも終わらせるつもりです。「In vino veritas.」の方が先になりそうですが……。
縁シリーズですか!? かなり前の作品ですが、「好き」というお言葉をいただけて、とても嬉しいです。
「矛盾邂逅」はもちろん、その先の話も書きたいので、今年中に後編を投下できたらと考えています。
なんとも筆の遅いことで、申し訳ございません。
でも必ず続き、書きます。

寒さの厳しい日が続きますが、ten様もどうかご自愛ください。

感想

かおるさとー様、こちらでははじめまして!以前Twitterで書いた感想だけでは書ききれないこともありましたのでこちらにコメントさせていただきます。

相変わらずの細やかな表現、ささいな日常描写がもたらすリアリティは傑出したものがありますね。(個人的に雉撃ちと花摘みの表現がツボに入りましたw)文章に安心感を持ちながら読ませていただきながらも、ストーリーの展開には心はゴロゴロ萌え転がり、ニヤニヤ口角は歪まされています。なによりやっぱり文花さんのかわいさは犯罪級。そりゃ耕介くんだって獣にもなるのでしょうね…仕方ないですね。だって愛しい人がこんなにも可愛いのですものね。そして心もガッチリ通じ合っていて。何よりもがっつりエロい。これをもって幸せと呼ばず何と呼べばよいのでしょう。

よくわからないことをつらつらとまとまりなく書き連ねてしまい申し訳ありませんでしたw
とにかく僕もこの物語からポカポカした幸せと煮え滾る熱いモノを得ました。これからもかおるさとー様の紡ぐ物語を楽しみにさせていただきますので、是非ともよろしくお願いします!

こんにちは、Rockwell様

コメントありがとうございます! ツイッターでいただいた感想だけでも感無量だったのですが、こちらの方にもいただけて、なんだかありがたくも恐れ多い気分です。

そ、そんなにお褒めの言葉をいただいてしまってよろしいのでしょうか!? もちろん私もできるだけ丁寧に書き表そうと思っているのですけど、本当にしっかり表せているか、読み手の方に伝わっているかどうかは、判断がつかないところもありますので、具体的な感想をいただけるとすごくありがたいです。
そして「エロい」という感想はもうたまらなく嬉しいです! いえ、あの、心情描写や展開、あるいはかわいいとかそういう感想は何度かいただいたことがあるのですけど、濡れ場に関する感想ってあまりいただいたことがないので、「自分のエロ描写って薄いのかなー」と思うことがよくあるのです。なのでそっち方面について褒められると自信になります。よかった。きちんとえっちに描けていたんだ……。
あ、花摘みはよく見る表現ですけど、雉撃ちはあまり使われないかな、と思いながらあえて使ってみました。登山用語ですね。私の好きな小説家の方が使われていたので、リスペクトの意味もこめて。

これからもいろいろ書いていこうと思いますので、気が向かれましたら覗いてやってください。基本、こちらのブログは投下報告と小ネタを中心に更新していますので。
連載中の話もきちんと終わらせますので、しばしお待ちください。本当に感想ありがとうございました。

またお邪魔いたしました。

格闘技好きとは!
文花ちゃん、すごい女の子ですね。とっても良いです!
まtったくイヤらしさを感じさせない、どこか清々しいお泊りでした。
やはり、文花ちゃんの素直さとその魅力的な個性、そして、主人公の健全な男の子らしさですね。
姓ではなくて、名前で呼んで欲しい、という乙女心にちょっときゅんとしました。

fate様へ。

こんにちは、fate様。
またまたコメントをありがとうございます!
前回ご感想をいただき、本当にうれしかったのですが、その余韻も消えないうちにさらにコメントをいただけるとは……!
うれしくもなんだか恐縮の思いです。

文花は無口ですが、行動力もあってなかなかアクティブな性格です。
無口な女の子を書こうという動機から生まれたキャラクターですが、私の趣味をいろいろ詰め込んでいったら「格闘技好きな無口っ娘」というよくわからない女の子になってしまいました。
それでも自作品の中では、かわいいという評価を一番多くいただけるキャラなのですが……。
fate様にも、お気に入りいただけたなら幸いです。

男の子の方は、こちらも私の趣味といいますか、「温厚な性格の男の子」というのが好きなので、耕介くんもその類に漏れず、物腰の柔らかい優しい性格になっております。
とはいえ、なさけなかったりヘタレな風にはしたくないので、結構男らしいところも持ち合わせていたり。

この話は基本的に、二人がひたすらラブラブで平和な日々を過ごすだけの話なので、書く方もかなり気軽に書いてます。
そんなわけで、気楽に読んでいただいて、少しでも楽しく思っていただけたなら……とってもうれしいです。

本当にコメントをありがとうございました。おかげ様で、創作意欲にも火がつきそうです。
fate様の御作品も、少しずつ読み進めています。一つずつ感想をお送りしたいと思います。

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。