砂糖を焦がせば薫る日々

サイト更新と読み物を少々

04月« 2018年05月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»06月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年です!

みなさん、あけましておめでとうございます。

去年は実に激動の一年となりました。
五月に入院しまして、部屋を引き払ったり実家に戻ったり、文字通り動きのある半年でした。

この件について、少し経緯を説明しておきます。
ちょっと長々と説明文が続きますので、興味のない方はスルーをお願いします。



(以下、身の上話)

私がかかった病気というのは、「CIDP(慢性炎症性脱髄性多発神経炎)」というもので、ものすごくおおざっぱに説明しますと「手足に力が入らなくなる病気」です。免疫異常によって末梢神経が炎症を起こしてしまうのです。悪化すると手足にとどまらず、四肢から胴体、内臓にまで及ぶそうです。
四月くらいからちょっと手足に違和感を覚えたんですけど(階段を登るのがきつかったり、歩き方がごこちなくなったり)、最初は疲れてるだけだろうと思って気にしませんでした。しかしだんだん立つことすら困難になってしまい、病院に行くことに。結果、「ギラン・バレー症候群(GBS)」と診断されて、入院することになりました。
あれ、病名違うぞ? と思われた方、もう少しだけお読みください。
このギラン・バレー症候群というのは、やはり手足に力が入らなくなる病気なのですが、一度ピークを迎えるとあとは徐々に回復していき、再発の可能性はかなり低いといいます。
私も治療後、少しずつ回復していきまして、車椅子でしか移動できなかった体が、杖歩行が出来るほどになりました。これが六月のことです。
しかしその後病状が悪化しまして、再び歩けなくなりました。
担当の先生も怪訝に思っていらっしゃるご様子でしたが、私は実家の近くの病院に転院することになっていたので、そちらの方で再度診察・検査を受けることになりました。
その結果、先に説明したCIDPであることが判明したのです。
この二つの病気は非常に症状が似ていて、発症例も多くないことから(GBSは十万人に一人、CIDPは四、五十万人に一人の病気だとも言われているらしいです)、誤診が多いそうです。ただ、CIDPの方は何度か再発を繰り返す病気でして、私の症状は明らかにそっちだったんですね。
最初の病院の先生が間違えたのも無理はないと思います。だって、その先生も文献でしか見たことのない病気だったみたいですから。
その後、七月初めに転院→八月初めに退院→八月末に再入院→九月末に退院、という経緯をたどり、現在は体調もほぼ元に戻りました。
……まだ完治してはいないんです。(汗)
でも日常生活に支障がない程度には回復してます。
今もまだ二週間に一度病院に通う日々ですが、私は元気です。
文章もちょこちょこ書いていますので、今後ともよろしくお願いいたします。

(以上、説明終わり)



さて、いろいろと雑記を。

・創作について

とりあえず「~たくて」、「In vino veritas.」、二つの連載を終わらせなくてはなりません。
ほぼ内容は固まっているので、あとはそれをどう描くか。
頑張ります。放置している他の作品の続きも。
……書く書く詐欺になっているような気もして、非常に心苦しかったり。
頑張ります。自分の保身のためにも(何)


・漫画とかアニメとか小説とか

漫画は最近読めてません。なんとか「嘘喰い」は追ってますが、読みたい漫画が本当に読めてません。
なんか条例改正問題とかいろいろ大変な漫画業界ですが、漫画家の先生方、田舎の片隅から応援しています。頑張ってください。
アニメは「STAR DRIVER 輝きのタクト」が妙におもしろい。そう、銀河美少年です。
単なるネタアニメじゃないのがあなどれません。絶対二期想定しながら作られているアニメ。
いつのまにかはまっていた、不思議な魅力を持つ作品です。人死にがないのも好印象。今後どうなるかはわかりませんが。こちらも応援していきたいです。
小説は、やっぱり米澤穂信。最新刊の「折れた竜骨」は、なんと中世イギリスを舞台にしたファンタジックミステリーでした。これが実に読みやすく、私好みの作品でした。
ファンタジーを題材にしたミステリー小説は上遠野浩平の「事件シリーズ」などが有名ですが、米澤さんのも負けていません。結構な長さなのにあっという間に読み終えることが出来ました。実におもしろかったです。
北村薫、加納朋子作品もいいですね。「日常の謎」作品が大好きです。今年もすばらしい作品を期待しています。


・格闘技

格闘技ブームも下火で、テレビ放送も打ち切りの恐怖に怯える昨今。
それでも選手の活躍はすばらしいです。
長島☆自演乙☆雄一郎は「史上最強のアニオタ」として昨年は年間MVP級の活躍を見せましたが、私はあの人好きです。ブレないキャラにブレない生き方。そういう信念を感じられるので、好感が持てます。
あとは日沖発。フェザー級日本最強の男として、世界の頂を目指してほしいです。
もちろん佐藤嘉洋も。昨年は準優勝でしたが、今年こそ優勝あるのみ。


・その他

ツイッターにどっぷり浸かっている私。入院を機に本格的に使い始めたのですが、もう完全に染まってしまいました。
興味のある方は気軽に覗いてやってください。毎日何かしらつぶやいております。くだらないことからくだらないことまで。よく壊れてます。
たまに猥談などもつぶやいてます。おっぱいとか。あとおっぱいとか。

あ、こういうところはえっちな文章書きらしいかも(本当か?)

あと、自分のサイトを持ちたいなあと思ったりもしてますが、HTMLやスタイルシートに苦戦しております。
簡単なページくらいなら作れるんですけどね。できればもう少し練りあげたいです。
私がひそかにライバル視している方のサイトを参考にしつつ。
いえ、作品も負けませんよっ。



それでは、本年もよろしくお願いいたします。



かおるさとーでした。



↓クリックしてくださると嬉しいです。
人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。