FC2ブログ

砂糖を焦がせば薫る日々

サイト更新と読み物を少々

07月« 2018年08月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»09月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

様々な「好き」を大切に

こんにちは。こんばんは。かおるさとーです。

2015年も残すところあと1日ですね。
ここ数日、家の中の掃除ばかりやっているので、物書き作業もまったくもって進んでいない状況なのですが、それでも新しい年を迎えるにあたっては必要なことなので、黙々と励んでおります。手が荒れてハンドクリームが欠かせません。水仕事はつらいです。

趣味とはいえ、年々物書きができなくなっているような気がしますが、モチベーションが下がったかというと、決してそんなことはないのです。ただ、いろんなことをやっていると、あっという間に作業時間がなくなってしまうので、単にこれは自分の時間の使い方が下手なだけなのでしょうね。
実はサイトやブログで公開していないだけで、いろんなところで文章は書いています。なのでブランクみたいなものは特に感じておりません。流れに乗れば一気にまた更新できると思います。がんばります。

今年は、春先にガラケーからスマートフォンに買い換えまして、正直使いこなすのに苦労するんじゃないかと思っていたんですけど、まったくそんなことはなかったです。むしろいろんなことができるようになって超楽しいです。便利です。
特に、『チェインクロニクル』をプレイし始めたのが自分の中で大きい出来事でした。
ゲームについてはPCで艦これを続けている程度だったのですが、このチェンクロはガラケーのころからやってみたいと思っていた作品でして、実際にやり始めてやっぱりおもしろいと感じられたのは、なんだかすごくうれしかったです。
どうしてやりたかったのかと言いますと、私の好きなシナリオライターである下村健さん(およびチーム・クオリアのみなさん)がこのゲームのシナリオに参加しているからなんですね。
下村さんの書くシナリオって、すごく私好みのものが多くて、スマホに切り替えたら絶対遊んでみたいと思っていたんです。
で、その念願がかなって、幸いなことにそのゲームがとても楽しくてハマることができたので、ますます下村さんとクオリアのファンになりました。
好きなものへの想いを深めることができるというのは、すごく幸せなことだと思います。

ゲームだけじゃなくて、たとえば小説でも。
私は相変わらず米澤穂信さんのファンなわけですが、去年の『満願』に続いて、今年の『王とサーカス』のようなすばらしい作品を安定して読ませてもらえるというのは、ファン冥利に尽きると言いますか、「これ以上夢中にさせないでください!」とわけわからん思いにとらわれてしまうほど幸福なことなんですね。
初めて読んだもの・出会ったものが、名残のような残り香のようなものをかつての私の胸の中に置いていき、それがどんどん大きくなって今の確かな「好き」という気持ちにつながる――それは自分ひとりではどうにもならないもので、だからこそ大事に、大切にしていきたいものだと思います。
古典部や小市民に限らず、どの作品にもそれぞれに思い入れがあります。それらが重なったり積み上げられたりして、今の米澤穂信への思いが作られています。それはただ好きというだけではなく、たとえば自分の人生や考え方にも少なからず影響を与えていますから、とても大切な、今の私になくてはならないものなのでしょう。もちろん、私のお話にとっても。
たくさんの大事なもの、大切なものを、自分の「好き」とともに大切にできる。素敵なことです。

スポーツや格闘技でもいろいろなことがありました。
ラグビーはすごかったですね。DeNAもすごくよかったです。前半は。ヤスくんこと山﨑康晃選手には来年も期待。もちろんツッツやカジ、番長にも。
格闘技はRIZINの旗揚げで今後の国内格闘技界の流れが変わればなあと、ちょっと期待する向きもありますが、青木vs桜庭のストップが遅かったので、そういうところをきちんとやっていかないと素直に応援できません。あまり、年取ったベテランや復帰したての昔の選手を酷使しないでほしいなと思います。名前ではなく、現状の力に合わせたマッチメイクにすべきではないのか?
ちなみに大晦日のRIZINトーナメントが一番楽しみです。優勝予想はロシアのワジム・ネムコフ。1回戦を見た限りでは、一番底知れない凄みを感じました。
まあ、ボクシングを含めて一番恐ろしいと感じたのは、井上尚弥でしたが。ちょっとあれは強すぎるじぇ……。

こうして振り返ってみると、いろいろな好きを大切にできた1年でした。来年はもっとたくさんの「好き」を育てていけるのではないかと思います。
それではみなさん、今年も1年間ありがとうございました。よいお年を。

かおるさとーでした。
スポンサーサイト

*** COMMENT ***

今年もよろしくお願いします

こんばんは。喪中とのことで、お悔やみ申し上げます。

去年は色々と有難うございました。
今年もよろしくお願いします。
薦めていただいた米澤穂信氏の作品に興味を持ちました。
『さよなら妖精』ぐらいしか読んだことないので読んでみようかと思います。

ありがとうございます

コメントに気付くのが遅れてしまいました。すみません。
今年もよろしくお願いいたします。

『さよなら妖精』を読んだことがあるのでしたら、『王とサーカス』『真実の10メートル手前』の2作品はつながりがあるのでおすすめです。『さよなら妖精』に出てくる大刀洗万智が、フリージャーナリストとして様々な事件にかかわる話です。

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。