砂糖を焦がせば薫る日々

サイト更新と読み物を少々

04月« 2018年05月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»06月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自サイト開設一周年です

こんばんは、かおるさとーです。

えー、前回の記事でも触れましたが、自サイト開設から一年が経ちました。
時が流れるのは早いですね。
更新ペースはかなり遅いのでなかなか作品も増えませんが、地道にやっていきますので、よろしくお願いいたします。たまに「読んだよ」という報告をいただきますが、ものすごくうれしいです。ありがとうございます。

一周年記念に、サイトのトップページに記念SSのリンクを貼っておりますので、もしお時間と興味がありましたらぜひぜひ寄っていってください。幼馴染み成分満載の短編を載せております(またか)
残念ながらえろはないんだ。すまない。

一応こちらにもリンク貼っておきますね。

一周年記念SS

まあ、まだたったの一年です。
私が敬愛するネット作家さんの中には、十年以上続けている方もいますし、私などまだまだひよっ子です。
私もそれくらい長く続けていけるようにがんばります。



かおるさとーでした。

↓クリックしてくださるとうれしいです。
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

*** COMMENT ***

詭弁だ。あまりに詭弁だ

↑ここで思わず声を出して笑ってしまいました。

あちらにはコメントの仕方がわからなかったので、ここに失礼いたします。

ふふふふ。
なんか、良い感じの幼馴染の物語でした。
好きです、こういうのっ!!!

でも、こういう過程、ありがちっていうか、分かります。
小学生の頃は男女の区別もなく気の合う子と遊べていたのに、中学生になって、途端に意識してしまい、一緒にいられなくなって、自然に距離が空いてしまう。
そして、そのまま高校、社会人となって分かれてしまう・・・ってパターンもありますからねぇ。

こういう感じで、周囲から後押しされてお互いの気持ちを確認しあえるって素晴らしくも幸運なことっすね!

ああ、良い気持ちになりました~(^^)

こんにちは

fateさん、コメントありがとうございます。

毎度毎度幼馴染みばかりですみません(笑)
自分が好きというのもありますけど、個人的に書きやすい関係なのです。

昔仲が良かったのに疎遠になるというのは、本当によくあります。それは必ずしも哀しいこととは思いませんが、さびしいことだとは思います。
望んでいないのにいつの間にか離れてしまう。それを仕方ないと割り切るか、やっぱり嫌だと行動するか、そんなお話しです。
……実はそこまで深く考えてはいませんでしたが(汗)

あちらには掲示板やメールフォームを設置していますが、コメントはこちらでも大丈夫ですよ。
書き込みやすい方にどうぞ。
コメントをいただけるならもうどんな形でもうれしいです!
いつも本当にありがとうございます。

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。